▲TOPへ戻る

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションとは

回復期リハビリテーション病棟は脳血管障害(脳卒中)や大腿骨頚部骨折、腰椎圧迫骨折、頭部外傷、脊髄損傷、外科手術・肺炎等の治療時の安静による廃用症候群の患者様に対して短期集中的にリハビリテーションを提供します。
リハビリにより低下した機能を回復させるとともに、日常生活動作(ADL)を向上させることによって自宅や社会への復帰を目標としています。

対象疾患
チーム医療

当院としての取り組み

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・管理栄養士・薬剤師が密に連携して、患者様ひとりひとりに適して医療、介護、リハビリテーションを実践していきます。
また、院内デイケア(レクレーション等)を行うことで、リハビリ以外の時間にも離床・運動を行い、寝たきりや昼夜逆転の防止に努めています。日常生活すべてをリハビリと捉えて、日中は可能な限りベットから離れて過ごしていけるように援助していきます。

チーム医療

入院から退院までの流れ

① 入院
② リハビリ開始
③ 初期評価
④ 定期カンファレンス
⑤ 家屋調査
⑥ 各種申請
⑦ 外出訓練・試験外泊
⑧ 退院前カンファレンス
⑨ 退院

③,④入院後に多職種による評価を行い、1週間以内にカンファレンスを行います。また、定期的にカンファレンスを開催し、リハビリの進行状況、問題点、目標や計画の見直しを行います。必要に応じて、ご家族にも来院して頂き、患者様の状況説明を行います。

⑤退院前にリハビリ担当者が必要に応じてご自宅を訪問し、手すりや段差など住宅改修や福祉用具を提案させて頂きます。

⑥退院を見据えて、ソーシャルワーカーが介護保険申請、介護サービスの各種調整を行います。

⑦必要に応じて、退院前に自宅へ外出や外泊を行い、退院後も安全に過ごして行けるか確認を行います。

⑧ご本人、ご家族、ケアマネージャー、介護サービス事業所担当者などが集まって情報共有を行い、安心して自宅で過ごせるように話し合いを行います。